イスラエル生まれの大型セラミック3Dプリンタ

イスラエルのデザインスタジオが開発した陶器用大型3Dプリント技術

ceramic_3dprinting-3

イスラエルのデザインスタジオStudio Underが開発したセラミック3Dプリンティング技術。

最大積層サイズは800mm×800mm×850mm、プリント速度は450mm/h(Z)
これまでいくつもご紹介しているコンクリート材用大型積層プリンタと同様、ノズルから専用の材料を絞り出して積み上げていくのですが、造形時の環境(温度や湿度など)に影響を受けそうな材料ですね。

デモ映像では、Autodesk Project Shapeshifter(Shapeshifterに関する詳細はこちら)を使ったモデリングから造形、大型電気窯で焼き入れするまでの一連の流れが紹介されています。
また、同サイトでは造形品の一部が販売されており、キャンドルスタンドなどが84ドルから購入可能。

こちらのflickrギャラリーからも同技術を用いた作品の多くが閲覧可能です。興味ある方はご覧になってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る