「YouFab2018」全受賞作品発表

デジタルファブリケーション領域のグローバルアワード「YouFab2018」全受賞作品発表

FabCafe Global(東京、飛騨、京都、台北、バルセロナ、バンコク、トゥールーズ、シンガポール、ストラスブール、モンテレイ)が主催するデジタルファブリケーション領域のグローバルクリエイティブアワード「YouFab Global Creative Awards 2018」(以下、YouFab) 受賞作品発表。

第7回目となるグローバルクリエイティブアワード「YouFab 2018」は、2018年8月1日から10月31日までの応募期間中に、32カ国から応募のあった合計158作品から、審査を経てグランプリ1点、準グランプリ1点、ライオン賞1点、一般部門賞1点、学生部門賞1点、ファイナリスト11点を選出。

グランプリは、金魚とテクノロジーを使い、現代の生態系に問題提起する作品

グランプリは、アメリカ在住のイギリス人メディアアーティストであるニール・メンドーサ (Neil Mendoza)の「Fish Hammer」が受賞。
金魚が水槽の中を動き回り、その金魚の動きに合わせ、ハンマーがミニチュア家具に振り降ろされ、人間の生活が生態系に与える影響を、問題提起した作品。

準グランプリは、工場労働者の脳波を反映させたニット作品

準グランプリは、アメリカのアニ・リウ(Ani Liu)によるプロジェクト「Mind in the Machine」。
工場で働く労働者の脳波を計測し、彼らの知覚・認知状態を反映したニットを編んだ作品。機械製造が主流である現代における「人間の手作業」を象徴すると同時に、自動化に支えられた経済への、無名の人々の貢献を反映。

仕事と暮らしが溶け合う未来をテーマにしたライオン賞は、自然をハックした作品

YouFab2018では、ライオンによる「特別賞」が設置された。特別賞では「MERGE- 仕事と暮らしが溶けあう未来」をテーマに、プロダクトやサービス、アート、プロジェクトなどを募集。審査を経て、日本のクリエイターユニット、ガダラ(GADARA)によるプロジェクト「Hack the Natural Objects.」が選ばれた。
”自然物”にセンサーなどの人工的な機能を組み込み、傾きによって音量や明量などのアウトプットをコントロール。自然と人工が“MEARGE”する日常、というコンセプトをプロトタイピングした作品となる。

また、一般部門賞は、大量の紙をレーザーカッターで加工したレリーフ「Typhoon I」(クリエイター:Michael Koehle)が受賞、学生部門賞にはテレプレゼンス技術を活用し、複数人が一つの体をシェアして共同作業を行える「Fusion」(クリエイター:MHD Yamen Saraiji, Tomoya Sasaki)が受賞した。

 

全ての受賞作品と、受賞作に対する審査員のコメントは以下のページより閲覧可能

・結果発表ページ(英語) http://www.youfab.info/2018/winners.html
・結果発表ページ(日本語) http://www.youfab.info/2018/winners_jp.html

kudan house (東京・九段下)にて、授賞式と受賞作品展示会を開催

2月16日(土)19時より、東京・九段下にあるkudan houseにて、受賞者や審査員を招いた、授賞式を開催。また、2月17日(日)から2月24日(日)まで、同会場で上位受賞作品を中心に受賞作品展示会を行う。

YouFab 2018 授賞式 & アフターパーティー

  • 日時:2019年2月16日(土)19:00 〜 22:00
  • 場所:kudan house 東京都千代田区九段北1-15-9
  • 詳細:https://fabcafe.com/tokyo/events/youfab2018awardceremony
  • 登壇予定:審査員/若林恵、Julia Cassem、吉泉聡、林千晶
  • 受賞者:Neil Mendoza(グランプリ)、Ani Liu(準グランプリ)、Michael Koehle(一般部門賞)、MHD Yamen Saraiji(学生部門賞)
    *展示作家によるギャラリーツアーがあり
  • 参加費:無料

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る