3Dプリンタやレーザーカッターを備えた遊戯施設オープン

全天候型児童遊戯施設『キッズドーム ソライ』11月1日グランドオープン

山形県庄内地方で街づくりを進めるヤマガタデザインは、山形県鶴岡市に全天候児童遊戯施設「KIDS DOME SORAI(キッズドームソライ)」を、11月1日にグランドオープンさせた。

この施設は「子どもの本能と創造性が爆発する遊び場」をコンセプトに、地域の子育て環境を充実化させるべく民間の街づくり会社であるヤマガタデザインがつくった児童遊戯施設となる。県産のスギ、カラマツを使ったドーム状の大屋根を特徴とした建物の設計は、建築家坂 茂氏が担当。
屋内にある「アソビバ」には、高さ6mの屋根まで張り巡らせたネット遊具や、木製のバンクなど独自に作り上げた空間が有り、大人も童心にかえり子どもと一緒に遊びたくなるつくりになっている。


アソビバ

また「ツクルバ」では、常時1000種類を超える素材とハサミやのりなどのベーシックなものから、3Dプリンタやレーザーカッターにいたるまで、200種類の道具を備えており、子どもたちは好きな素材と道具を選んで幅広い種類の工作やアートを体験できる。


ツクルバ

ソライでは、庄内地方の企業やサイエンスパークの研究者、学生などと協力し、地域の子育てをする環境を整えることを目的としている。

施設概要

  • 施設名称:KIDS DOME SORAI (キッズドーム ソライ)
  • 所在地:山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣6-1
  • 敷地面積:約14,400㎡
  • 延床面積:約2,000㎡
  • 構造:地上1階 地下1階 RC造 木造屋根(県産のスギ、カラマツのLVL133㎥を使用)
  • 総工費:約12億円(平成29年度に鶴岡市から遊び場部分の整備のため1億円の補助を受けている)
  • 設備等:環境に配慮し、ヒートポンプを設置 地中熱を空調や融雪に活用。電気は、やまがた新電力が供給する再生可能エネルギーを利用。
  • テナント:Spiber株式会社 企業主導型保育施設「やまのこ保育園」
  • 設計:株式会社 坂茂建築設計
  • 施工:サイエンスパーク特定建設工事共同企業体
  • 景観設計:オンサイト計画設計事務所
  • 着工:2017年8月31日
  • 開業:2018年11月1日
  • 公式WEB:https://sorai.yamagata-design.com/

隣接施設

キッズドームソライ隣接宿泊施設「ショウナイホテル スイデンテラス」

キッズドームソライで遊んだ後は、スイデンテラスに宿泊が可能。スイデンテラスの宿泊者は、ソライの利用料が半額になる宿泊プランを提供。
宿泊は、公式サイトから予約。

子ども(3歳以上)は、700円、大人250円(1、2歳児は現地で支払い)。大人は1人9800円~で、さまざまなタイプの部屋が選べる。
3歳~小学生は3,000円(朝食付き・寝具なし/税別)または5,000円(朝食付き・寝具あり/税別)の施設利用料がかかる。0~2歳のお子様は無料。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る