世界初の完全3Dプリント車椅子「GO」

ロンドンのデザインスタジオLAYERは世界初となる3Dプリント車椅子を開発

3d-printed-wheelchair-layer-1

ロンドンをベースに活動する新進気鋭の若手デザイナー「ベンジャミン・ヒューバート」が率いるデザインスタジオ「LAYER」は、複数種類の3Dプリント手法と材料を利用した、世界初のカスタムオーダー3Dプリント車椅子「GO」を開発。

3d-printed-wheelchair-layer-2

この3Dプリント車椅子は、大手3Dプリントサービス「マテリアライズ社(ベルギー)」と共同で開発された物で、パーツ毎に複数種類の3Dプリント手法と材料が適用されている。

座面部分には、半透明樹脂で出力されたパーツに熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)を組合わせ、衝撃吸収性を実現。フットプレートなどフレーム部分には、強度の高いチタン材料を用いたメタル3Dプリント造形パーツを使用。

自由度の高い3Dプリント技術を利用することで、短時間で利用者の体型に応じてカスタマイズされた車椅子を製作することができる。

3d-printed-wheelchair-layer-3

また、この車椅子ユーザーは、専用に開発されたオーダーアプリを利用し、本体カラーの選択などが可能になっており、アプリから発注された車椅子は、約2週間程度で完成する。

LAYERは、2016年5月21日~23日の期間、英国ロンドンで開催される「クラーケンウェル・デザイン・ウィーク」にてこの3Dプリント車椅子をお披露目する。
世界初の3Dプリント車椅子は、LAYERの新しい研究部門「LayerLAB」の元で研究開発が進められている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る