外耳用3Dスキャン技術でカスタムフィットするオーダーメイドイヤホン

MITの技術から生まれた外耳用3Dスキャンシステムを利用したカスタムイヤホン『Uvero 3D』

uvero-3dscanning-earphone-2

以前、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが開発した「ユーザーの耳型から成形する3Dプリントカスタムイヤーモニター」に関するご紹介をいたしましたが
今回紹介する『Uvero』イヤホンは、MITの研究チームによって開発されたトラントステクノロジーズ株式会社の外耳用3Dスキャナ『AURA 3D Ear Scanning System』を利用した、カスタムマイズイヤホン生成サービスです。

uvero-3dscanning-earphone-7

AURA 3D Ear Scanning Systemは、歯科用スキャン技術を応用したシステムで、元々医療用途への利用を想定した高精度外耳用3Dスキャナです。

この技術を利用し、ユーザーの外耳部分を精密に3DスキャンするUveroのオーダーシステムでは、ゴム膜を有するデバイスを耳内部に挿入し約60秒掛けて外耳道を3Dスキャン。スキャンされた100,000点余りの点群データからユーザーの外耳形状を3D化。生成された3Dデータを元に、完全にカスタムフィットした、世界に一つだけのユーザー専用イヤホンをオーダーすることが可能となります。

uvero-3dscanning-earphone-6
デバイスを挿し込み3Dスキャン

uvero-3dscanning-earphone-3

この技術を利用し生成されたイヤホンはユーザーの耳に完全フィットし、外部からのノイズを遮断し、心地よい付け心地と優れたサウンドを提供してくれます。

uvero-3dscanning-earphone-1
uvero-3dscanning-earphone-4
一般的なイヤホンとの違い

同社は今後この技術を軍用通信機器にも応用し、米軍による活用なども想定しているそうです。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

3DPS
ページ上部へ戻る