2020年代は3Dプリンタが一般家庭にも浸透する?

世界的な発明家レイ・カーツワイルは3Dプリント技術の近未来を予想

ray-kurzweil

人工知能研究の世界的権威であり、実業家でもある米国人フューチャリスト(未来学)レイ・カーツワイル氏は、2020年代には日常生活のあらゆる面に3Dプリント技術が活用されているだろうと予測しています。

これまでに数々の未来予測を的中させてきた同氏は、衣類・農業・医療など日常生活に密接した様々な分野において、3Dプリント技術が活用されるだろうと予測。
2020年代には、3Dプリントデザインはよりオープンソース環境が活発化し、様々な素材がプリントアウト可能になるかもしれません。とは言え、ローカル環境で3Dプリントを実行可能になったとしても、直ぐにそれらの産業に関わる雇用を脅かすことはないかもしれませんが、オープンソースの3Dプリント技術の発展が、私たちを取り巻く環境に大きな革命をもたらすことは間違いないでしょう。

Googleの技術責任者として人工知能の開発にも参加する同氏は、2030年代には人間の脳は直接クラウドに接続(脳内毛細血管を泳ぎまわるナノボットによって)可能となり、メールや写真などの情報をダイレクトに脳へ伝達したり、思考や記憶のバックアップをも可能にすると予測しています。

ちょっと飛躍し過ぎかもしれませんが、先日お伝えした4Dプリント技術のように、物体を形成する新たなテクノロジーと相まってAI技術が革新的な発展を遂げるようになると、数十年後には攻殻機動隊のような義体化や電脳化といった、アニメのような世界が本当に実現しているかもしれませんね。

ray-kurzweil-gits

レイ・カーツワイル関連書籍


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る