英国に完全デジタル化されたEV生産工場設立

スウェーデンの電気自動車ベンチャーUnitiが英国に完全デジタル化されたEV生産現場を設立

2015年、スウェーデン南部に位置するルンド大学のイノベーションプロジェクトから誕生した、電気自動車スタートアップUnitiは、英国F1グランプリサーキット、シルバーストーンに隣接するシルバーストーンパークに、電気自動車のパイロット生産工場(新製品量産前に試験的少数生産を行う工場)を設立する計画を発表。
2020年までに、完全デジタル化された生産システムで量産される全く新しい二人乗り電気自動車『Uniti One』を開発する。

Unitiが「英国初の完全デジタル化された電気自動車生産拠点」と呼ぶこの施設は、近い将来に実現するグローバル生産に影響を与える電気自動車生産のテンプレートになると考えられており、同社CEOは「シルバーストーン周辺には、世界最高の車両技術者が集結しており、私たちの野心と目標を受け入れてくれた政府と協力することで、英国初の世界的電気自動車生産の理想的なモデルを構築することができる」と語っている。
また同社は、この生産システムにより年間50,000台の電気自動車の量産化を目指している。

Uniti Oneの車体開発に当たり同社は、英国モータースポーツ業界をサポートする最先端オンデマンド設計とエンジニアリングサービスを提供する企業KWSPをパートナーに迎え、KWSPの持つAdditive Manufacturing製造技術と軽量化のノウハウを適用し、軽量で高性能な電気自動車の開発をすすめる。

KWSPは、最先端のデザイン&エンジニアリングによる技術コンサルティングの他に、ヴィンテージカー修復などでAdditive Manufacturing製造(3Dプリンティング)技術を活用するスペシャリストでもある。

Uniti One EV 基本スペック

  • 走行距離:240km 範囲
  • 最高速度:130km / h
  • 駆動:120kW デュアルモーター出力 後輪駆動
  • 座席数:2席
  • パワー:26kWh バッテリーパック、DC高速充電
  • 充電:標準充電25分で20-80%
  • 車体総重量:900kg
  • 車両価格:14,900ユーロ
  • 発売開始時期:2019年後半に量産モデルを発表。その後、北欧中心にプレオーダーを開始、2020年後半からを開始。

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る