最新3Dプリンタが1ヶ月から利用可能なサービス

3Dプリンタと独自開発材料が1ヶ月から利用可能なサービスがスタート

ハイエンド向け光造形技術を提供する株式会社快速成形秋葉原(RMAKB)と3Dプリンタビジネス関連のプロデュースを行う株式会社スマメが業務提携を行い、6月22日 より自社開発材料のライセンシングサービス『M-LS』をリリース。

これまで3Dプリンタを利用して研究や開発を進めるには機械本体の購入、または外部の造型サービスを利用するしかありませんでしたが、このサービスでは自社開発の特殊材料と、対応可能な3Dプリンタ「MiiCraft100X」を合わせ、月額利用のサービスにすることにより最短1ヶ月からの利用が可能になります。
サービス内には機械本体の保守や操作説明も含まれているため、故障など気にせず研究開発等に集中でき、本来高額になる光造形環境を安価に手元に用意することが可能。また、材料に関しては随時開発を行っており、超高耐熱樹脂やゴムライク樹脂の追加を検討中。

MiiCraft_RMAKB

サービス概要

  • 名称 M-LS
  • 構成
    自社開発材料 500g
    3Dプリンタ MiiCraft100X 1 式(造形に必要な備品等含む)
    機械保守
  • 期間
    1ヶ月〜 料金
    サービス利用料金30万円/月(税別)
    材料費5万円/kg(追加で必要な場合)
    ※利用初月のみ運送据付、初期材料、操作説明費として別途30万円がかかります。

機種

  • 3Dプリンタ機種:MiiCraft100X (DLPタイプ)
  • 種類:デスクトップ型光造形機
  • 波長:365nm UV LED
  • 造形サイズ:102×57.5×120mm
  • 筐体サイズ:430×430×590mm
  • 重量:45kg

材料

利用可能材料(6/22 日時点)
材料名:3D-1M (生体適合性水溶性エポキシ樹脂)
重金属アンチモン、環境ホルモンとされるビスフェノール A を一切使用せず、GHS 分類にお いて有害性が最も低いレベル、もしくは非該当の成分のみを使用。FDA (アメリカ食品医薬品局) からの承認後は、医療分野等での応用が可能となる予定。
素材の物性はこちらのサイトからご確認ください。http://www.rmakb.com/#!blank-2/f6e1q

事業主体

会社名:株式会社快速成形秋葉原
代表者:侭田勝由
所在地:RMAKB デザインセンター 〒113-0034 東京都文京区湯島 3-1-5 妻恋ビル 6F
URL:http://www.rmakb.com
問い合わせ先
担当者:吉田賢造(M-LS 運用担当)
連絡先:TEL 090-9588-3845  E-mail yoshida@rmakb.com


関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る