iPad Pro用CADモデリングアプリ「Shapr3D」

スケッチ感覚で高度な3DCADモデリングができるプロ仕様のiPad Pro用アプリ「Shapr3D」

ハンガリーのスタートアップShapr3Dは、モバイルプラットフォームに特化した独自の高機能CADアプリ「Shapr3D」の最新バージョンをリリースした。

Shapr3Dは、iPad Pro上で動作する世界初のプロフェッショナル3DCADアプリで、スケッチを描くような直感的な操作で、高機能な3次元CADモデリングを実現する。
アプリは、9.7インチのiPad Pro、10.5インチのiPad Pro、12.9インチのiPad Proと互換性があり、他のiPad(Mini、Air、Air2、2017など)では使用できない。

また同社は、Siemens PLM、Tech Soft 3Dと提携し、iOS上でParasolidとHoops Exchangeをネイティブにサポート。

Shapr3Dはこれまで、MIT、ハーバード、スタンフォード、コロンビア、ケンブリッジ、東京大学、シンガポールポリテクニなどの教育機関、工業デザイナーや製品設計者、建築家などのプロフェッショナルユーザーに支持されてきたCADアプリで、3Dプリントに対応した無料版Shapr3Dの他、無制限のワークスペース、CADエクスポート機能などを備えたPro版($149.9/年)を利用することができる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る