スマホベース3Dプリンタ「ONO」進捗情報2

スマートフォン3Dプリンタ「ONO」国際的な安全基準をクリアし間もなく出荷開始!

2016年11月後半(こちら)に進捗状況をお伝えしたばかりのスマホベース3Dプリンタ「ONO(旧OLO)。
樹脂運搬に関連する規制などが原因で大幅な遅延が発生しておりましたが、同社はこの度、国際認証に必要なすべてのテストに合格したと発表しました。

今回の認証試験では、ONOプリンタや付属品に含まれるすべてのコンポーネントに対し、特定の有害物質が含まれていないことを証明する有害物質制限(RoHS)、連邦通信委員会(FCC)試験にも合格し、米国の基準に従って設定された制限値を下回ることを証明しました。
EMIおよび樹脂の安全性に関する国際規格に従った試験に合格したころで、欧州適合品(CE)認定も取得し、国際的に出荷可能となったようです。

公式な証明書の取得に3~4週間程度時間がかかるようですが、これらの異なる機関からの公式文書を入手次第、最終的な認証機関の試験証明書を取得し、日産1,200台のペースでONOプリンタを量産し、世界各国へ出荷を開始するそうです。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る