全体の70%にデジタル加工部品を使用した自転車

最新の3Dプリント技術やレーザー加工技術を駆使して製造された自転車

フランスの大手3Dプリントサービス事業者「Sculpteo」は、部品の70%をデジタルマニファクチャリングによって製造された自転車を、先に開催されたCES2017でお披露目した。

「Sculpteo Bike Project」としてリリースされたこの自転車は、インダストリアルデザイナーAlexandre d’OrsettiとPiotr Widelkaが、Sculpteoのデジタル造形技術を利用し制作した物で、タイヤなどを除く主要部品の約70%を3Dプリンターや、レーザーカッターなどで製造している。

この自転車部品を製造するため、Sculpteoはアルミやチタンをベースにした金属3Dプリント技術に加え、超高速3DプリンターCarbons社のCLIP技術を用いた3つの材料(硬質ポリウレタン、軟質ポリウレタン、エラストマーポリウレタン)やSLS(carbonmide、ポリアミド)を使用。
各造形方式で3Dプリンタパーツの他、ブレーキディスクなどの金属部品の切り出しにはレーザーカッターが用いられている。

主な部品の構成内容

3Dプリントパーツ

  • SLS技術を用いたポリアミドのペダル
  • CLIP技術を用いた硬質ポリウレタンの接続部品(ペダル、サドル、ハンドルバー用)
  • SLS技術を用いたカーボンミッドの接続部分(フレーム、ホイール用)
  • DMLS技術を用いたチタン製ブレーキ部品
  • CLIP技術を用いた軟質ポリウレタンのブレーキ部品
  • CLIP技術を用いたエラストマーポリウレタンのブレーキ部品
  • SLS技術を使用したポリアミドのサドルおよび他のブレーキ部品

レーザー切断サービスの使用

  • CO2レーザーカッターを使用したアルミニウムのクランク
  • CO2レーザーカッターを使用した革のハンドルカバー

この自転車全体の製作費は$4,200となっており、市販の競技用バイク程度の価格に抑えられている。

同バイクを開発したインダストリアルデザイナーAlexandre d’OrsettiとPiotr Widelkaの二人は、CESが開催されたラスベガス会場から~サンフランシスコの工場まで約1000kmをこの自転車に乗って移動し、その様子をSNS上から「#SculpteoBikeProject」で配信する計画をしている。


自転車関連記事

  1. イタリア産れの3Dプリント電動自転車Bicicletto
  2. 音楽愛好家のための電動アシスト自転車
  3. スペアパーツを3Dプリンタで造れる電動バイク
  4. Cerevoは3Dプリント技術を用いたIoTロードバイクORBITRECを発表
  5. Bastionは今年後半に3Dプリントロードバイクの販売を開始
  6. 3Dプリントロードバイク「DFM01」チタンパーツ研磨
  7. DMM.make AKIBA生まれの超クールなバイクフレーム

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る