スマートフォンで3Dプリント出来る「OLO」いよいよ販売開始

スマートフォン3Dプリンタ『OLO』が間もなくKickstarterに登場

2015年秋(こちらの記事)でお伝えしたスマートフォンを使った3Dプリンター『OLO』が、間もなくKickstarterでローンチ!

olo-smartphone-3d-printer

『OLO』は、スマートフォンと専用アプリ(iOS、Android、Windows)を使って特殊樹脂材料を硬化させるDLP方式の3Dプリンター(光造形機)です。

一般的なDLP方式同様、Z軸を上昇させながらオブジェクレイヤー毎に樹脂材料を硬化させ3Dプリントを実行。
DLP方式がプロジェクターを利用するのと同じように、OLOはスマートフォン画面上に専用アプリを使ってレイヤー毎画像を描画し、3Dプリントを可能にしています。

olo-smartphone-3d-printer-2
olo-smartphone-3d-printer-5

今回のリリースに合わせ、同社は特性の異なる5種類の樹脂材料を開発。これらをブレンドすることで複数種類の色と性質(硬質系、ソフト、ワックス)をもった材料をラインアップしています。

olo-smartphone-3d-printer-3

OLOプリンタはiPhone 6 PlusなどのiOS搭載スマートフォンだけでなく、AndroidやWindowsなどのスマートフォンでも動作するように設計されており、造型ボリュームは最大で(X)128mm×(Y)72mm×(Z)52mm。

olo-smartphone-3d-printer-6

昨年のMakerFaire以来注目を集めてきたOLO。Kickstarterでのローンチでは$99からの(販売)支援額が予想されていますが、詳細については21日?以降に明らかになるでしょう。

全世界で20億人超とも言われるスマートフォンユーザー。この内の何パーセントがOLOに興味を示すのか、気になりますね。OLOはKickstarter上でも久々のヒット作となるかもしれません。


光造形機関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る