体幹装具モールド作成用ロータリー3Dプリンタ

ニンジャボットとピーオーエムが体幹装具モールド作成用ロータリー3Dプリンターを開発

3Dプリンター製造の合同会社ニンジャボット(静岡県静岡市)と、義肢装具製造のピーオーエム(福島県郡山市)は、腰痛患者用体幹装具(コルセット)製造の為の腰モールド作成用ロータリー3Dプリンター「NJB-600R」を開発した。

腰痛患者が使うコルセットは、これまでは患者の腰にラップと石膏を浸み込ませた包帯を巻き、放置して石膏を固まらせ2つに割って型を外し、患者の腰の形状から採取したその石膏型に特殊なコルセット用樹脂板を押し付けて患者の腰にぴったりフィットするように加熱成型し製造している。この製法では型を採取するためだけに患者を20分から30分ほど立たせる必要があり、腰痛に苦しむ患者に大きな苦痛と負担を強いていた。
ピーオーエムはこれまでに多数のコルセットを作ってきた経験から、3Dスキャナーで患者の腰周りをスキャンし、そのデータをもとに3Dプリンターでコルセット製造用の腰モールドを作る事を発案。この方法であればわずか30秒から1分程の極めて短時間で済み、患者をベッドに寝かせたままスキャン出来るため、無理に立たせる必要もなく患者の負担を大きく下げる事が可能になった。

ロータリー3Dプリンター「NJB-600R」はニンジャボットが製造を担当。プリントヘッドがXY軸に動く一般的な方式ではなく、プリントテーブルとプリントヘッドが同時に動き、レコードプレイヤーのような動作で造形するロータリー方式が採用されている。
このロータリー方式では、通常のスライサーで生成されたG-codeはそのままでは使用できない為、ローターリープリンターに使えるように変換するためのソフトも同時に開発。

NJB-600Rは、高さ350~400mm程度の一般的な大人の腰回りのモデルを4~5時間で出力。モデルの厚みもプリントヘッドが1周回るだけで2mmほどの厚さに造形出来るため、コルセット用の腰型として十分な強度を確保する。また、ロータリー3Dプリンター方式はプリントヘッドの移動が少ないため、ヘッドを比較的頑強に重く設計されており、将来的に粘土などを射出する機構などを組み込むことも可能。

【問い合わせ先】

合同会社ニンジャボット
〒421-0121静岡県静岡市駿河区広野3-21-15
TEL:054-293-7008(担当:酒井)

株式会社ピーオーエム
〒963-8041 福島県郡山市富田町字諏訪前20
TEL:024-369-5602(担当:加藤)


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る