NewBalanceが3Dプリントミッドソールシューズを発表

New Balanceは3Dプリントミッドソールを備えたランニングシューズを2016年中に展開

new-balance-3d-printed-midsole-5

約一ヶ月ほど前にadidasの3Dプリントシューズ『Futurecraft 3D』や、納豆菌をベースに開発されたNew Balanceのバイオスキン技術などに関する最新情報をお伝えしましたが、今回ご紹介するのは、人気ブランドNew Balance3D Systems社によって共同開発された3Dプリントミッドソールを備えた高性能ランニングシューズです。

new-balance-3d-printed-midsole-1

柔軟性、強度、重量、耐久性において理想的なバランスを得るため開発された3Dプリントミッドソール技術。
このエラストマーのミッドソールの形状は、高い緩衝要素と圧力データに基づいて計算されたアルゴリズムから生成され、粉末レーザ焼結(SLS)方式で薄型軽量に積層造形されています。

new-balance-3d-printed-midsole-4new-balance-3d-printed-midsole-3

優れた粉末材料を用いることで、ランナーに理想的な強度と弾性を得ることができるこの最先端の3Dプリントランニングシューズは、次回のCES 2016 (Consumer Electronics Show)で披露され、 その後2016年4月にボストンマラソンで始動します。
現在は既存のミッドソールよりも重いため、4月までに改良を重ね軽量化を実施する計画。

new-balance-3d-printed-midsole-6

この3Dプリントミッドソールランニングシューズは、2017年までには一般消費者向けに専門店などでカスタムオーダーできる試験販売を開始する計画があるようです。
先のadidasや先行するNIKEなど、3Dプリント技術を利用したカスタムオーダーシューズは、数年後には誰もが当たり前のように利用できる環境になるかもしれませんね。


スポーツ関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る