三菱ケミカルとAtum3Dは共同で3Dプリント用樹脂材料を開発

三菱ケミカルとAtum3Dは共同で光造形3Dプリンタ用の新しい樹脂材料「DiabeamTM」を開発

日本国内最大の総合化学メーカー 三菱ケミカル とオランダの3Dプリンタメーカー Atum3D は、Atum3Dの光造形3Dプリンタで造形可能な新しい紫外線硬化樹脂「DiabeamTM(ダイヤビームTM)」の共同開発に成功した。

 

Atum3Dは、光硬化タイプの液体樹脂に紫外線を当てることで樹脂を硬化させて造形するDLP方式(Digital Light Processing)のオープン材料型3Dプリンタにおいて、欧州で確立された顧客基盤と技術を保有。同社が保有するプリンタ・ソフトウェアの製造技術と蓄積されたノウハウにより、特定の原料による造形のみではなく、顧客の要望に沿った樹脂を原料として造形することを可能としており、三菱ケミカルにて製造を予定する紫外線硬化樹脂ダイヤビームの共同開発に成功した。


Atum3Dの光造形3Dプリンタ「DLP STATION 5」

DiabeamTMは、紫外線硬化樹脂では両立することが難しい耐熱性と耐衝撃性をバランス良く持ち合わせ、さらに耐摩耗性にも優れいるため、この特性と光造形3Dプリントにより複雑な形状品の製造が可能なことから、自動車やその他の内装部品やカバー、フレームなどへの採用が期待されている。
三菱ケミカルは、今回の共同開発を含めて欧米市場とのネットワークを拡大することで、3Dプリンティング用素材にかかわる戦略を進化させ、積極的な事業展開を図る。

DiabeamTMは、2019年11月19日~22日にドイツ・フランクフルトで開催されるヨーロッパ最大の3Dプリンタ展示会「Formnext2019」に出展する。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る