「Maker Faire Kyoto 2020」出展者、スポンサー募集開始

日本最大のテクノロジーDIYイベント、関西で2度目の開催「Maker Faire Kyoto 2020」出展者・スポンサー募集開始

オライリー・ジャパンは「Maker Faire Kyoto 2020(メイカーフェアキョウト 2020)」を2020年5月2日(土)、3日(日)の2日間、京都府・木津川市精華町の「けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)」にて開催することを発表。現在、出展者およびスポンサー企業を募集している。

オライリー・ジャパンは、2008年から新しいテクノロジーを自由な発想で使いこなす「メイカー(作り手) 」たちの発表の場、交流の場である「Maker Faire Tokyo」を主催。昨年、関西で初開催された「Maker Faire Kyoto 2019」は、190組の出展者を迎え、7,500名が来場。出展者の6割、来場者の8割が関西在住となり、関西での開催を期待していた方だけでなく、初めて「Maker Faire」に参加された方からも高評価を得た。


Maker Faire Kyoto 2019の様子

「Maker Faire Kyoto 2020」では、会場を拡張し約220組の出展を予定。 AI、 VR、 3Dプリンタなど、その時代の最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、インターネットにつながるユニークなハードウェアや、ロボット、自作楽器、自作の乗り物などの作品を作るメイカーが、日頃の活動の成果を発表する。長い伝統を持つ物作りと最先端の産業が存在する京都ならではの作品出展も期待される。

また、会場となるけいはんな学研都市は、140を超える研究施設、大学施設、文化施設を擁し、学術研究分野に従事する企業、教育機関、個人が多数参加されることが見込まれる。

実施概要

  • 名称:Maker Faire Kyoto 2020(略称:MFK2020)
  • 会期:2020年5月2日(土)12:00~18:00、5月3日(日)10:00~17:00(予定)
  • 会場:けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)
  • 主催:株式会社オライリー・ジャパン
  • 入場料:<前売>大人 800円、18歳以下 300円(税込)<当日>大人 1,000円、18歳以下 500円(税込)
    ※小学校未就学者、障がい者手帳所持者は本人及び付き添いの方は一人まで無料
  • ウェブサイト:http://makezine.jp/event/mfk2020
  • 出展申込:ウェブサイトより申込可能(約220組の出展予定)/申込締切 2月6日(木)13時
  • 出展カテゴリー:エレクトロニクス(電子工作)、ロボティクス、モビリティ、プログラミング教育、デジタルファブリケーション(3Dプリンター、レーザーカッターなど)、クラフト、アート/デザイン、DIYバイオ、Young Makers(学生出展)など。

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る