無料のオンライン3Dモデルコンバータ

試験的に公開されている無料のオンライン3Dモデルコンバータで簡単データ変換

ドイツのプログラマーが試験的に公開中のオンライン3Dデータコンバータ『Online 3D Model Converter』は、画面の指示に従い数クリックするだけで、簡単にデータコンバートが可能。コンバート関連ツールを所有しないユーザーは、無料で気軽に利用できる。
この記事では、Online 3D Model Converterの使用方法などについて簡単にレポートしている。

テスト用ロゴデータを用意

idarts_logo1

今回は、obj形式のデータでテストしているが、このオンラインコンバータは下記フォーマットに対応している。

インポート対応フォーマット
3d, 3ds, fbx, ac, ac3d, acc, ase, ask, b3d, blend, bvh, cob, csm, dae, dxf, enff, hmp, ifc, irr, irrmesh, lwo, lws, lxo, md2, md3, md5anim, md5camera, md5mesh, mdc, mdl, mesh.xml, mot, ms3d, ndo, nff, obj, off, pk3, ply, prj, q3o, q3s, raw, scn, smd, stl, ter, uc, vta, x, xml, xgl

 

コンバート作業

1. ブラウザ画面中央「Add file」をクリックし、データを選択。一度にアップロード可能なファイル数は5点、容量は最大50MBまで対応。

online_3dmodel_converter_1

2. ファイルの選択が済んだら「Start uploading」ボタンをクリックし、ファイルをアップロード。アップロード完了後、画面右下の「Next」ボタンをクリックし次の作業へ移行。

online_3dmodel_converter_2

3. 次画面から書き出し用フォーマットを選択し「Next」ボタンをクリック。

online_3dmodel_converter_3

4. 最後に「Start」ボタンをクリックし、変換ファイルの保存先を指定して終了。

 

エクスポート対応フォーマット

エクスポート対応のフォーマットは、stl, stlb, collada, obj, 3ds, ply, json

online_3dmodel_converter_4

 

書き出し結果を確認

今回のテストでは、書き出し時にstl形式を選択。netfabbでコンバートデータをチェックし、問題ないことを確認できた。

netfabb1

obj、3ds、plyなど汎用性の高いファイルであれば、netfabbからもダイレクトに読み込めるため、対応するフォーマットであればわざわざオンラインなど利用せず、netfabbからダイレクト変換もできる。

netfabb2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る