カブクとコクヨが3Dプリント製品 『TRANS TOOLS』 を共同開発

カブクとコクヨが3Dプリント製品「TRANS TOOLS」を共同開発、都内ショップで限定販売

カブクコクヨと共同で、昔から親しまれてきた文具や家具に3Dプリント技術を組み合わせた製品 『TRANS TOOLS』 を開発。千駄ヶ谷のライフスタイルショップ&カフェ『THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)』にて3月12日から本製品の展示および数量限定販売を行う。

コクヨのメイン製品カテゴリーである文具と家具の隙間や周辺に着目し、その空間を埋めることで機能する道具や、これまでの使い方を拡張した道具などをデザイン。カブクの持つ3Dプリント技術やノウハウを活用したデザイン・設計を元に、オンデマンド製造サービス「Kabuku Connect」にて製造・製品化を実現した。

『TRANS TOOLS』商品詳細

昔から親しまれてきたコクヨの文具や家具に、3Dプリント技術を組み合わせることで、従来の使い方や機能を変容させ、新しい道具へと進化させるプロジェクトを行いました。
文具や家具の隙間を埋める、新しい道具の居場所。
従来機能を生かしながら、新たな用途へ生まれ変わる道具。
3Dプリントだからこそできた新しい道具の未来を販売します。

  • 期間:3月12日〜3月26日
  • 会場:THINK OF THINGS(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1)
  • 内容:3Dプリント製品の販売とプロトタイプ(検討途中の試作品)の展示と数量限定販売


コクヨのノートの側面にぴったりはまる筆記具


コクヨの目玉クリップがぴったり挟めるトレイ


ノートの罫線が一気に描ける連なったペン


コクヨの椅子の側面にぴったりはまる道具入れ


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る