リサイクルゴミ生まれの3Dプリントフィラメント

都市ゴミを原料に生成された複合プラスチック3Dプリントフィラメント『Landfillament』

landfillament-3d-print-filament-1

世界中から選りすぐりの3Dプリント用フィラメント(材料)を販売する3DFSでは、コーヒー原料フィラメント『Wound Up』、ビール原料フィラメント『Buzzed』、麻原料フィラメント『Entwined』などの特殊フィラメントをラインアップする米国3D-Fuel社が開発した、最新のリサイクルフィラメント『Landfillament』の販売を開始しました。

landfillament-3d-print-filament-3

Landfillamentは、米国のバイオ複合企業c2renewと共同開発された原料を元に生成された、ゴミベースのエコ3Dプリント用フィラメントです。
材料は、収集された都市ゴミから金属成分を除去しリサイクルされた複合プラスチックを原料としており、一般的なFDM/FFF方式の3Dプリンターであれば、標準的なPLA同様の設定で造形することができる性能を有しています。

landfillament-3d-print-filament-2

3DFSではメートル単位のお試しタイプからスプール単位の商品をラインアップいたしました。

リサイクル廃棄物から生成された『Landfillament』5M
リサイクル廃棄物から生成された『Landfillament』10M
リサイクル廃棄物から生成された『Landfillament:500g』(スプール単位・送料込)

※3DFSは、3D-Fule社の正規パートナーです。

Landfillament 推奨設定

  • メーカー:3D-Fuel
  • 素材: Landfillament
  • エクストルーダー温度(メーカー推奨値):180~210℃
  • プリント速度(メーカー推奨値):60~120mm/S
  • ヒートベッド温度(メーカー推奨値):0~50℃

フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る