『子供の科学』で3Dものづくり特集

小学生が3Dプリンターで作れる!? 雑誌『子供の科学』で3Dものづくり特集

誠文堂新光社が発行する小中学生向けの科学月刊誌『子供の科学 3月号(2018年2月10日(土)発売)』は特集で、子供たちが3Dプリンタを使ってものづくりに挑戦するという企画を実施。

子供の科学 3月号』では、3Dプリンタの技術を解説するだけでなく、子供たちが3Dプリンタを使い、自分がつくりたいモノをかたちにするところまでを紹介する内容として、付録の「3Dデータ作成ガイド」を見ながら、Autodeskの無料CADソフト「Tinkercad」を使い、3Dプリント用3次元データをつくるまでの工程を紹介している。
工程を経て完成したデータは3Dプリンタに転送し、思い描いた立体造形物を完成させる。

本書では、人気連載マンガに登場する主人公をフィギュアにしたり、電子工作と組み合わせて光るオブジェをつくったりと、子供たちの工作意欲を刺激する記事を展開。また、雑誌と連動した通販サイト『KoKa Shop!』では、誌面に登場したおすすめの3Dプリンタ「AFINIA H400」の販売も行っている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る