平成29年度後期「3Dプリンター活用技術検定試験」

平成29年度後期「3Dプリンター活用技術検定試験」受験申込は1月23日まで

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、平成29年度後期「3Dプリンター活用技術検定試験」を2018年2月18日(日)に実施する。

2017年2月に第1回試験を実施以降、2回の試験で約450名の申し込み者から351名が合格した「3Dプリンター活用技術検定試験」。平成29年度後期試験となる本試験の受験申込が、2018年1月23日で終了となる。

試験概要

  • 試験名称:平成29年度3Dプリンター活用技術検定試験 後期試験
  • 試験日:平成30年2月18日(日)
  • 申込締切:平成30年1月23日(火)
  • 試験時間:60分
  • 受験資格:特になし
  • 試験方法:マークシート形式による真偽方式および多岐選択方式(60問)
  • 受験料:8,000円(税別)
  • 試験科目:「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」
  • 会場:全国6都市(北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都23区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、福岡県福岡市)
  • 主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)
  • 問合先
    電話:03-3560-8435  mail:fsato@acsp.jp
  • パンフレット:https://atc.jjstc.com/tc/client/storage?key=0GErPK_5927a1cc6379b

3Dプリンター活用技術検定公式ガイドブック


3Dプリンターの新検定唯一の公式ガイドブック。活用に必須の基礎知識を解説、幅広い造形方法と造形材料をカバー。仕組みやプロセスから活用事例まで掲載。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る