Kickstarterでローンチした小型レーザー彫刻機が3億円超え

360度回転式彫刻機能を備えた小型レーザー彫刻機「LaserPecker 2」が3億円超を調達

中国のスタートアップ LaserPecker は、2019年にクラウドファンディングプラットフォーム Kickstarter でローンチし、2180人の支援者から8千万円弱を集め大成功を収めた携行型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」に続く新たなレーザー彫刻機「LaserPecker 2」をリリース。2020年12月に Kickstarter からローンチし、開始わずか2分で目標額をクリア。2021年1月5日現在で、3900人の支援者から約3億4千万円を調達している。

本体重量2.2kgで携行性に優れた「LaserPecker 2」は、使いやすいインターフェイスを備えたコンパクトなレーザー彫刻・切断機で、スマートフォンと連携したシンプルな画像転送機能により、初心者でも簡単に使用することができる。

最大彫刻領域100×2000mm(LaserPecker 2 Pro以降、標準モデルは100×100mm)と、円筒形オブジェクトおよび曲面や凹凸のあるオブジェクト表面に360°回転彫刻可能なロータリー機能を有する LaserPecker 2 は、厚さ5mm以下の木、紙、アクリル、革などのレーザーカットが可能で、モバイルとデスクトップアプリケーションのクロスプラットフォームをサポート。複数のフォーマットに対応することで、スムーズな彫刻・切断機能を提供する。

LaserPecker 2 スペック

  • モデル: LaserPecker 2
  • レーザー出力:5W
  • レーザータイプ:450nm NICHIA Diode Laser
  • 本体寸法:162.5 x 60 x 122 mm
  • 本体重量(エクステンションなし):2.2kg
  • 彫刻面積
    LaserPecker 2:100×100mm
    LaserPecker 2 Pro版:100×2000mm
  • 速度:6mm/s – 最大 600mm/s
  • 接続:Bluetooth 5.0
  • 入力電源:12v 5A 100-240v 50-60Hz
  • フォーマット:jpg、svg、png、bmp、G Code、AI、dwg 他
  • 彫刻素材:金属、ガラス、陶器、木、竹、革、紙、果物、食品、プラスチック、アクリル、石、コンクリート、骨 他
  • 価格
    LaserPecker 2:599ドル
    LaserPecker 2 Pro(補助ブースター含む):799ドル
    LaserPecker 2 Pro Deluxe(マテリアルパック、補助ブースター、パワーバンク含む):899ドル
  • 出荷開始時期:2021年3月

LaserPecker 2 は、目を保護するためのブルーライトフィルターカバーや、振動、転倒、温度超過時の自動停止機能など、安全面にも配慮した基本的なセーフティー機能を備えている。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る