Formlabsからエンジニアグレード樹種登場

Formlabsはエンジニアリンググレードの新しい樹脂ラインアップを発表

form2-materials-engineering-4

SLA方式デスクトップ3Dプリンターで業界をリードするFormlabs社は、同社の最新デスクトップ3Dプリンタ「Formlabs Form 2」用に、新しいレジン(樹脂材料)を追加しました。

新たに追加されたFormlabsエンジニアリング樹脂シリーズは、高度なプロトタイピングや、射出成形用金型などにも応用できる工業レベルの性能を有しており、エンジニアやプロダクトデザイナーなど、プロ用途を意識した高性能材料となっている。

form2-materials-engineering-10

Tough

Tough(タフ)は、ABSプラスチック同等の引張強度と弾性率を有しており、ABSプラスチック製品をシミュレートするように設計された材料となっている。その高い応力とひずみに耐えられる特性を活かし、機能プロトタイピングを可能にしています。
※新Toughは、以前発売されていたToughからの改良品

form2-materials-engineering-tough

  • スナップフィットジョイント
  • アセンブリ
  • 堅牢なプロトタイプ

High Temp

High Temp(高温度)は、HDT @ 0.45 MPa of 289 °Cの性能を有しており、高温射出成型などの金型として使用することができる。

form2-materials-engineering-hightemp

  • 金型の試作
  • 耐熱備品
  • 環境試験

Flexible

Flexible(柔軟)は、80Aデュロメータゴムに適合しており、曲げや圧縮などをシミュレートする部品のプロトタイピングなどに適した材料です。

form2-materials-engineering-flex

  • ハンドル、グリップ、オーバーモールドなどの成形
  • クッション性を要する素材
  • ウェアラブルプロトタイピング
  • パッケージング
  • スタンプ

Durable

Durable(耐久性)は、ポリプロピレン(PP)プラスチック同等の低弾性率及び高衝撃強度を有しており、ポリプロピレン(PP)プラスチック製品をシミュレートできる材料です。

form2-materials-engineering-durable

  • 日用品などのプロトタイピング
  • パッケージング
  • 低摩擦・低摩耗可動部品の成形
  • スナップやヒンジ

新ToughとHigh Tempはすでに発売開始されていますが、Durableは2017年1月販売を予定しています。日本国内での発売開始時期は未定ですが、詳細な情報入手次第、改めてご案内いたします。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る