土や砂を利用した3Dプリント研究プロジェクト「Stone Spray Project」

土壌顆粒などを利用した建築3Dプリント研究プロジェクト『Stone Spray Project』

Stone-Spray-Project_1

環境への配慮など様々な目的のために研究されている建築関連プロジェクト『Stone Spray Project』は、砂漠やスラム街などをはじめ、緊急避難所を作成するために用いるなど様々な分野への応用も研究されているプロジェクトです。
プロジェクト公式サイト http://www.stonespray.com/

ArduinoUNOをベースとした制御系に、5軸アームを備えた3Dプリンタは、徹底した環境対策として太陽光パネルからの電力供給も可能となっています。造形用材料については、現地で調達可能な土壌顆粒を専用の液体と砂などと共に混合。

Stone-Spray-Project_3Stone-Spray-Project_4

デモ映像では、砂と硬化用液体をエアコンプレッサーを使って吹き付けている様子が収められています。

Stone-Spray-Project_5Stone-Spray-Project_6

Stone-Spray-Project_7

Stone-Spray-Project_8

特殊なコンクリートを積層する建築向け3Dプリント技術の研究開発も進められていますが、それらを実施するには材料の調達方法やコストなど、ある一定の条件下での利用に限定されますが、今回紹介したプリンタープロジェクトでは、より簡易的に安く素早く構築するためのシステムとして研究が進められています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る