⼤型3D付加製造機で実現したゲーミングシート

大型3D付加製造機「EXF-12」によって実現したeスポーツ専用インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」

大型3D付加製造機「EXF-12」量産機をはじめ、改良機や新機種、3Dプリントヘッドの開発などを手掛ける ExtraBold は、前⽥技研の東京拠点であるMG東京ファクトリーと共同で、eスポーツ専⽤インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」の開発と製作を⾏ったことを発表。
「GT EXPERIENCE CONCEPT」は、プロダクトデザインを⼿掛ける D-WEBER が、⾃社プロジェクトブランド「4DESIGN by DW」の第七弾として世界的な⾃動⾞フォトグラファー北畠主税氏をプロデューサー迎え開発したコンセプトモデルで、2022年秋頃の発売を計画している。


大型3D付加製造機「EXF-12」と「GT EXPERIENCE CONCEPT」

「GT EXPERIENCE CONCEPT」開発・製作協⼒の背景

「GT EXPERIENCE CONCEPT」は、近年盛り上がりをみせるeスポーツを「もっともっと楽しみたい︕という⼼の⾼ぶりを美しい⽴体で表現したゲーミングシートを製作したい」という、プロダクトデザイナーの⽔野⽒とフォトグラファーの北畠⽒の想いを受け、ExtraBoldの⼤型3D付加製造機(3Dプリンタ)「EXF-12」のユーザーであり、造形受託サービスを提供する前⽥技研のMG東京ファクトリーと共同でプロジェクトに協⼒。


水野氏のスケッチと短期間で完成させた実寸大テストピース

プロダクトデザイナー⽔野⽒が3Dプリント特有の積層痕を活かし「積層痕があっても美しい、積層痕があるから価値があるデザイン」そして、「製法がなにであれ、誰もが驚くブッチギリにカッコイイもの︕」をというコンセプトから⽣まれた個性的なアイデアスケッチ。ExtraBoldのプロジェクトメンバーは、3Dプリンタの強みを最⼤限発揮し、オリジナルの3Dデータを⼊⼿した3⽇後には複数パターンの実⼨⼤テストピースの出⼒まで完了させ。造形⽤データ作成の検討が必要だったことに加え、パーツ⾃体のサイズが⼤きかったことを考慮すると決して⼗分な期間ではなかったが、送付したデザインの説明を⽬的に来社予定であった⽔野⽒に現物を⾒てもらうことが出来たことが、その後の開発プロセスを加速させることにつながったとしている。プロダクトデザイナー⽔野⽒は「こんなに早いフィードバックを貰えるとは。とても嬉しく、熱量の凄さを感じました」と語っている。

開発・製作の様⼦

全く新しいプロダクトであることから「モデリングも造形も初めてのことばかりで、やれることは全てやる」(同社メンバー)姿勢で臨んだ結果、造形⽤データの修正と3Dプリント出⼒の回数は複数回に及び、⽔野⽒の初期コンセプトイメージにできるだけ忠実なものとなるよう「最初のデザインになるべく寄せながら造形との折り合いをつける」ことを⼼掛けという。そのために鍵となったのが「どこで分割するか」であり、造形性と仕上がりを両⽴させるため、試⾏錯誤を繰り返し、分割した部品同⼠のすり合わせや造形⽋陥と格闘しながら、デザインを最終化させた。なかでもデザインのポイントとなっているスピーカーグリル部は空中で造形して、3Dプリントならではの独特の形状を実現。材料は、質感と使⽤時の安全性などを考慮し柔らかい材質のエラストマーを採⽤。最終版の作成には左右あわせておよそ120時間かかり、またデザイン⾯での修正も少なからず必要だったが、コンセプトイメージはほぼ踏襲できたという。


EXF-12による造形中の様子

今後の展開について

今後は、⽔野⽒の「4DESIGN by DW」が中⼼となり製品化と販売を進めていく予定で、製品化にはクリアしなければならない多くの課題があるが、ExtraBoldおよび前⽥技研も引き続き協⼒。北畠⽒を筆頭にチームワークを⾼めて、開発チームの⾝近で共感を得られた企業や個⼈のみを対象に販売し、フィードバックを貰いながらブラッシュアップを進めとしている。
製品化後の販売先のメインターゲットは、⾃動⾞関係・レース関係者・eスポーツ会場・カーディーラーを視野に、年10〜15台程度の販売を⽬指し、2022年秋頃から販売を予定している。

コンセプトモデルの仕様

  • 3Dプリンタ出⼒成形材質:エラストマー マットブラック塗装
  • サイズ︓奥⾏き180cm×⾼さ135cm×厚み(⽚側)15cm
  • 重量(⽚側)︓約15kg

関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る