DMMがインセプションプログラム 「スタートライン」の提供を開始

スタートアップ・起業家・クリエイターに開発環境を無料提供し、誰でも挑戦できるインセプションプログラム「スタートライン」

DMM.comが運営する、モノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム DMM.make AKIBA は、スタートアップ、起業家、クリエイターの支援を目的としたインセプションプログラム「スタートライン」の提供を、2020年10月1日より開始した。

 

プログラム提供の背景

DMM.make AKIBA は、約5億円を投資し揃えたハードウェア開発用機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ、24時間利用可能なコワーキング施設を備えた、新たなモノづくりやビジネスに挑戦するイノベーターを支援する事業課題解決型プラットフォームで、現在スタートアップ150社を含む600社、4,000名以上の会員が活動している。
2014年の開設当時から、数多くのプレシード期・シード期(起業前または起業直後)のスタートアップや、新たな創作を始めたばかりのクリエイターが活動。時には、DMM.make AKIBA での出会いから新たなビジネスやプロダクトが生まれることもあり、これまでにも学生を中心とした若手のチームに対し、一定期間無料で施設を利用できる制度を設けるなど、様々な活動を通じてモノづくりに挑戦する方を応援してきた。しかし、6年に渡って会員の活動を目の当たりにしてきた同社は、日本国内におけるスタートアップ、特に起業初期の企業やクリエイターへの支援がまだまだ不足していると感じ、新たにインセプションプログラムとして「スタートライン」を始動した。

 

プログラム内容

採択された個人または団体は、機材を取り揃えたモノづくりの拠点「Studio」とフリーアドレスで使用できるビジネスの拠点「Base」を利用できるプラン「Base Plus」の会員費、機材のトレーニング費などが免除。
さらに、会員の他、スポンサー、地方自治体、国内外のパートナー機関、ベンチャーキャピタルなどを含む DMM.make AKIBA のコミュニティに参加することが可能で、採択者にはコミュニティマネージャーとのオンライン相談窓口が設けられ、困ったことがあればいつでも相談することができる。
応募資格は、採択時に設定した各自の目標を達成する意欲のある起業前後のスタートアップ 、起業家、学生チーム、クリエイター、アーティストで、採択の可否は、特設Webページより必要項目を記入し応募、DMMの担当者との面談を通じ随時決定される。

プログラム詳細 http://akiba.dmm-make.com/form/startline/


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る