Microsoftがフルカラー3Dプリント技術の特許取得?

マイクロソフトが混合材料を利用したCMYKWフルカラー3Dプリントに関する技術特許を取得

microsoft-3d-printing-cmykw-patent

マイクロソフトの最新の技術特許は、CMYKW(シアン、マゼンタ、イエロー、キーまたは白黒)色の3Dプリント材料を物理デバイス上で混合し、CADモデルからフルカラー3Dプリントオブジェクトを生成するための技術です。

microsoft-3d-printing-cmykw-patent-1

ベース素材の色情報に基づいて各レイヤ毎に2次元ポリゴンを生成し、ポリゴン単位でテクスチャマッピングを行い単一の色情報を付加。それぞれの層に設置された色情報を含む2次元ポリゴンに基づいて着色材料から3次元オブジェクトを生成するためのパスを決定。各レイヤ内のポリゴン頂点単位で色を切り替えることで、フルカラー3Dオブジェクトの外観を滑らかに仕上げる。

microsoft-3d-printing-cmykw-patent-2

実用化はいつころ?

スタートアップ当初世界的な話題となった旧botObjects社の「ProDesk3D」をはじめ、「3D4C」「CrafteHbot」など、当サイトでもこれまで複数のFDM/FFF方式をベースとしたカラー3Dプリンタについて紹介してきましたが、何れの機種も製品化には至っていない(一部クラウドファンディングユーザーに提供された機種もあるが、実用レベルに至らず集団訴訟などにも発展する)など、いまも実用化が難しいのが現状です。

以下は今夏Kickstarterでローンチし資金調達に成功したFFF方式カラー(CMYK + W色のフィラメント使用)3Dプリンター「RoVa4D 3D Printer
本当に製品化が可能なのか不明ですが、同社は公式サイト上からPreオーダーも行っている。

rova4d-cfull-color-3d-printer

Stratasys社や3D Systems社がリリースするハイエンドのインクジェット方式や粉末方式ではフルカラー(実質的なフルカラーではない)が製品化されているが、実際にはこちらもまだまだ改良が必要な部分も多い。今回の技術特許でも、多色材料を物理的にどうのように混合するかのは未だ不明で、Microsoft側もフルカラー3Dプリントへの第一歩と位置づけているようなので、製品化までにはもう少し時間が必要なようです。

特許の詳細はこちらから確認することができます。


フルカラー3Dプリンタ関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る