exiiiが大成建設とロボット遠隔操作システム開発

触覚デバイス開発のexiiiが大成建設と共同でロボット遠隔操作システムを開発

exiii(イクシー)は、⼤成建設と共同で、VR⼒触覚伝達技術を利⽤したロボット遠隔操作システムの開発に着⼿。公式ウェブサイト http://exiii.jp/exos/


本システムは、ユーザーがインターネットを介し、遠隔地でも対象物の硬さや軟らかさを感じながらロボット操作が出来るシステムで、ロボットが⼈間の操作を学習し、⾃ら作業出来るようにする事を⽬指し、これまでにイクシーが開発してきた外⾻格型の⼒触覚提⽰デバイス『EXOS Glove』、5指ハンド『EXOS Hand Unit』、ロボットアーム『EXOS Arm Unit』を組み合わせたシステムを構築。

現時点では動画のようなプロトタイプが動作しており、今後システムのブラッシュアップを進める

尚、本システムに使⽤する五指ハンド『EXOS Hand Unit』は、7月20日 9:00より⼀般販売を開始。ウェブサイトにて注⽂を受付る。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る