Ankerが3Dプリンタ市場に参入

Anker、アディティブ・マニュファクチャリング市場への参入を発表

中国の広東省に本社を置く、モバイルバッテリーなどのスマートフォン・モバイル関連製品の開発・販売を行うハードウェアブランド Anker(アンカー)は、3Dプリンタの新ブランド「AnkerMake」を発表。今春、クラウドファンディング Kickstarter からローンチを予定している。

現時点では、AnkerMake初の3Dプリンタに関する具体的な情報は無いが、すでに公式サイトが開設されており、サイト内で「AnkerMakeは、Ankerのインテリジェントテクノロジーとイノベーティブスピリットを駆使して、3Dプリントをスリルに満ちた高速プロセスに変えます」といったコピーを掲載している。

AnkerMake初の3Dプリンタは、Kickstarterキャンペーン(日程未定)が開始される予定となっているが、より詳しい情報を知りたいユーザーは、公式サイトからニュースレターを購読することができる。

一部メディアで公開されているリーク画像?


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る