adidas東京で50足限定の3Dプリントスニーカーを発売

adidasは最新3Dプリントスニーカー「3D Runner」を東京など一部都市で限定発売する

adidas-3d-runner-1

adidas(アディダス)は、同社の3Dプリントシューズadidas Futurecraftシリーズの最新モデルとなる『3D Runner(スリーディーランナー)』を、ロンドン、ニューヨーク、東京の3大都市限定で12月15日(日本時間12月16日)より発売する。

東京で発売されるのは限定50足、都内の一部店舗にて33,000円(税別)で販売される。尚、販売店舗に関する情報はadidas・TOKYOのInstagramアカウントからアナウンスされる予定。

adidas-3d-runner-3

『3D Runner(スリーディーランナー)』は、これまでご紹介してきた同社の3Dプリントシューズadidas Futurecraftシリーズの「Futurecraft 3D(フューチャークラフト・スリーディー)」技術をベースとした3Dプリントミッドソールとヒールカウンターを搭載したスニーカーです。

adidas-3d-runner-5

先日の記事「adidasはリオ五輪メダリストに3Dプリントシューズを与える」でもご紹介した、リオ・オリンピック2016メダリストへプレゼントされたモデルと同様、3D Runnerはブラックカラーモデルのみとなる。

adidas-3d-runner-4


3Dプリントシューズ関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る