体の動きにフィットする3Dプリントドレス

高い弾性とせん断強度を有する3Dプリントドレスは体の動きにフィットする

ヒューストン大学で工業デザインを学ぶMaria Alejandra Mora-Sanchezは、自身がインターンを務めるCosine Additiveと協力し、新しいタイプの3Dプリントドレスを発表した。


Photography BRIAN VOGEL

Red Dot Awardを受賞し、James Dyson AwardにもエントリーされているMora-Sanchezの3Dプリントドレス「Loom」は、コロンビア北部とベネズエラ北西部のグアジラ半島の先住民族「ワユ族」の民族衣装に触発され、独自のテキスタイルパターンをデザイン。

幾何学的なパターンで構成された3Dプリントドレス 「Loom」は、当初SLS方式(ナイロン)3Dプリンタによるプロトタイピングを行っていたが、Ninja Flexなど幾つかの異なる材料をテストした結果、高耐摩耗性、低温性能、高せん断強度、高弾性(500%伸び)などに優れたFFF方式3Dプリンタ+TPU(熱可塑性ポリウレタン)を選択した。

機能性と柔軟性に長け、また人体への影響を考慮した素材から生成されたオーセチック構造の3Dプリントドレス「Loom」は、新たな3Dプリントファッションスタイルを提案している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る