3Dプリントサンダルでボストンマラソンに出場

3DプリントサンダルWiivvのエンジニアが自社サンダルを履いてボストンマラソンに出場

3Dプリント技術を活用したカスタムフィットサンダルを提供するカスタムシューズメーカー「Wiivv」のエンジニアは、支援者たちとの約束通り、自社の3Dプリントサンダルを履きボストンマラソンに出場した。

クラウドファンディングKickstarterで大成功を納めたカスタムシューズメーカーWiivvは、2度目のローンチ時「今回のKickstarterキャンペーンで50万ドル以上を調達したら、Wiivvのサンダルを履いてボストンマラソンに出場する」と支援者と約束。

同キャンペーンは、4,829人の支援者から50万ドル超($ 566,40150)を調達し成功しため、WiivvのエンジニアであるChris Bellamy氏は、公約通り2018年4月16日に開催されたボストンマラソンに、自社の3Dプリントサンダルを履いて出場。

大会に出場したChris Bellamy氏は、激しい雨の降る厳しい路面気候状況の中、2:59:36の好タイムで26.2マイルを走り終え、改めてWiivvサンダルの性能の高さを証明した。

Wiivvのカスタムフィットサンダルは今春より発売開始予定で、ユーザーはスマホアプリを利用した簡易計測で、自分の足にフィットトしたカスタム3Dプリントサンダルを手にすることができる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る