ディズニー開発のフェイシャルキャプチャが凄い

ディズニーリサーチが開発したリアルタム高精度フェイシャルキャプチャ技術

real-time-highdef-facial-capture-1

つい先日、新たな3Dプリントアルゴリズムについて論文を発表したディズニーリサーチから、新しいキャプチャ技術に関する論文が発表されました。

Chen Cao(浙江大学、ディズニー・リサーチチューリッヒ)、Derek Bradley(ディズニー・リサーチチューリッヒ)、Kun Zhou(浙江大学)、Thabo Beeler(ディズニー・リサーチチューリッヒ)によって発表された『Real-Time High-Fidelity Facial Performance Capture』は、リアルタイムで高精度なフェイシャルキャプチャを可能にする新しいスキャン技術です。

添付した映像から確認できる通り、リアルタイムでキャプチャリングされたフェイシャルスキャンデータからは、表情によって変化する皺の様子が見事に再現されています。また、従来のキャプチャ技術では困難だった、眼や歯などのパーツもキチンと切り取られ(分類され)ており、トラッキングポイントなどの識別能力の高さが伺えます。当然、これに準じた正確なテクスチャ類の抽出も出来ています。

real-time-highdef-facial-capture-3

何より、ここまで正確な皺の再現が出来てしまうのには驚きです。映像後半でも確認できる通り、同技術では、光源の変化による影響(光源により変化する皺の凹凸)なども最適に計算されているのが分かります。

単眼カメラでこれだけ高精細にサイドビューを再現できるのは凄いですね。

real-time-highdef-facial-capture-2

ここまで高精度なリアルタイムキャプチャが出来てしまうと、まるでスパイ映画のような世界!
単カメラでここまで高精度なキャプチャが可能になっているので、今後複数台のカメラによる正確なマッチングができるようになると、ほんの数台のカメラだけで、現在するフォトスキャンシステムのような高精度キャプチャが、リアルタイムで処理できるようになりますね。

同技術の発展により、CGを駆使したゲームや映画製作の環境はまた変化するかもしれません。
このキャプチャ技術に関する論文はこちらから入手することができます。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る