コーヒーを原料にしたフィラメント「Wound Up」

毎日世界中で大量消費されるコーヒーを材料に生成されるバイオ3Dプリント用フィラメント

3dom-coffee-filament-4

様々なバイオ材料を開発するc2renewが開発したPLAベースのコーヒー原料ベースの3Dプリントフィラメント「Wound Up」。3DOM USAがリリースした同素材は、PLA対応する殆どの3Dプリンター(同社検証済み機種:MakerBotLulzBotFlashForge)での利用が可能なフィラメントで、原料にコーヒーを利用しています。

3dom-coffee-filament-1

フィラメント価格は$49/1kg(1.75mm/2.85mm)

※ こちらのフィラメントを「ちょっとだけ試してみたい!」と言う方は、フィラメントサンプル専門ショップ『3DFS』より少量サンプルのご購入が可能です。

珈琲原料フィラメント『Wound Up』5メートル

珈琲原料フィラメント『Wound Up』10メートル

色艶は炒ったコーヒー豆のような感じで、フィラメントの臭いはコーヒーそのもの。造形中の加熱された材料はとても香ばしく、コーヒー独特の香りを楽しむことができます。

3dom-coffee-filament-3

ちなみに、1人当たりのコーヒー消費量1位はルクセンブルク(1人当たり年間2844杯を消費)だそうです。この数字は、1人当たり1日約8杯のコーヒーを消費している計算になるようですが、筆者も同等以上に飲むので、コーヒー消費量は世界クラスです。次いで2位がフィンランド、3位がデンマーク。コーヒー豆生産国トップのブラジルは11位で、日本は29位。

3dom-coffee-filament-2

国別消費量では、1位アメリカ(1400千t)、2位ブラジル、3位ドイツとなるようです。
当然、これだけの量を世界中で消費しているとなれば、ゴミとなるコーヒー豆も凄まじい量になります。このコーヒーの搾りかすなどを原料に様々なバイオ素材が生まれると、貴重な資源となりそうですね。

(社)全日本コーヒー協会からは、様々なデータが公開されていますので、興味ある方は調べてみてはいかがでしょう?


フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る