FormlabsシリーズCの資⾦調達で3,000万ドル増額

FormlabsはTyche Partners社からシリーズCとなる資⾦を調達し製品ポートフォリオの拡⼤および世界進出を加速

高性能3Dプリントシステムを開発・製造するFormlabsは、Tyche Partners社を主な引受先としたシリーズCの資⾦調達により、3,000ドル万増額したことを発表。この最新の投資ラウンドには、Shenzhen Capital GroupやUpNorth Investment Limitedの他、既に投資を⾏っているDFJ、Pitango、Foundry Groupが参加。シリーズCラウンドによる総投資額は$8,500に達した。

Formlabsは今回の調達により、製品ポートフォリオの拡⼤と、特に中国市場において世界中で増加する顧客需要に対応するためのFormlabs事業の拡張に活⽤される。

世界進出を本格化する同社は、中国、⽇本、ドイツおよび⽶国にオフィスを構えており、世界中に400⼈以上の従業員を雇⽤。Formlabsの共同設⽴者兼CEOであるMax Lobovsky氏は「私たちはプロフェッショナル向けの3Dプリントの限界を押し上げ続け、その結果、企業は著しい成⻑を遂げました。⻑年にわたって中国は製造能⼒において欧⽶諸国を追随する位置にいましたが、最近では多くの分野において欧⽶諸国に追い付き、追い越す存在となりました。中国の製造業者は、より⼤規模な⼤量製造に3Dプリントをどのように導⼊するかを考える上で不可⽋になるでしょう。」と述べている。

また、Tyche Partnersの設⽴パートナーであるWeijie Yun⽒は自身のコメントとして「Formlabsは3Dプリント業界の変⾰をリードし、世界最⼤の市場シェアによりデスクトップSLA市場を席捲しています。Formlabsは製品ポートフォリオをSLAからSLSに拡⼤し、⼯業⽤3Dプリンタ市場に進出しています。私たちはこの企業に投資し、将来の成⻑に携われることを嬉しく思います。」と語っている。

間もなくリリースが予定されているSLS方式3Dプリンタ「Fuse 1」

Formlabsは現在著しい成⻑を遂げており、100のチャネルパートナーと代理店により、6つの⼤陸へFormlabsの3Dプリンタを出荷しており、世界で⼀番売れているSLA(光造形)⽅式の3Dプリンタを供給している。今回の発表は、米国のFormlabs本社拡張に先駆けて⾏われたもので、間もなく、セールスおよびサービスチームに新設される18,000平⽅フィートの施設が完成する。

本リリースの詳細:https://digitalpr.jp/r/26834


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る