XYZ Printingは新型光造形機「ノーベル1.0A」リリース

XYZプリンティングは微細な造形に適した第2世代の光造形方式3Dプリンタ『ノーベル 1.0A』をリリース

XYZプリンティングジャパンは、レーザーエンジンの刷新などにより造形精度を向上させた最新の光造形方式3Dプリンタ「ノーベル1.0A」と、弾性に富んだ「フレキシブルレジン」、溶解後に灰や残留物が残りにくい「キャスタブルレジン」の2種類のノーベルシリーズ専用レジンを発表、5月8日より販売開始する。

ノーベル1.0Aの特徴

2倍以上向上した精度
「ノーベル 1.0A」は、レーザーエンジンの精度(X/Y軸)が130ミクロンになり、造形精度が向上。複雑で細かなデザインをより正確に出力できるほか、印刷速度も高速化。

簡単な操作で自動設定が可能
3Dプリンタ本体でいつでも印刷スピードの確認やレジンの残量表示が可能。また、適切なレーザーパラメータの自動設定やレジンの自動充填ができるので、複雑な操作は不要。その他、印刷の際にサポート材が必要な場合は自動的に分析し、デザインを正確に具現化することができる。

さまざまなレジンに対応し、幅広い用途に使用可能
「ノーベル 1.0A」は、感光性樹脂を使ったUV光造形法により成形する。光硬化性樹脂、フレキシブルレジンやキャスタブルレジンにも対応し、光造形方式3Dプリンタの適用範囲をさらに広げ、さまざまなニーズに対応。

購入しやすい価格の実現
高精度の光造形3Dプリンタながら、導入しやすい価格(324,000円 税抜)で購入できる。

【フレキシブルレジンの特徴】

弾性が自由な形状を可能に
フレキシブルレジンは造形物に弾性と豊かさを与え、薄い構造を印刷すると変形させても元に戻る。

圧力に負けない吸収力
フレキシブルレジンは圧力に強い特性を持つため、中身のつまった造形物を印刷すると力を吸収する造形物になる。クッションや印鑑など今までにない特長を備えた製品の開発に最適。

簡単な印刷
レジンボルトに装着された専用チップを通じてレジンの情報を取得し、レジンの種類や残量を把握。印刷時はフレキシブルレジンに最適なパラメーターで印刷され、微細な構造を実現。

 

【キャスタブルレジンの特徴】

簡単な製作工程
キャスタブルレジンの性質はロウに近いため、溶解後は灰や残留物が残りにくく、直接にロストワックス鋳造(lost-wax casting)として使用可能。伝統製法の原型製作手順を省けくとができる。

ノーベル1.0A スペック

  • 製品名:ノーベル 1.0A
  • 価格:324,000円(税抜)
  • 販売開始時期:5月8日
  • 本体サイズ:280×345×590mm(幅×奥行×高さ)
  • 重量:9.6kg(500gのレジンを梱含む)
  • 最大プリント範囲:128×128×200(幅×奥行×高さ)
  • ディスプレイ:2.6インチ液晶ディスプレイ
  • 分解能X/Y軸:0.13mm
  • プリント方式:光造形(Stereolithography Apparatus; SLA)方式
  • 印刷材質:光硬化レジン、「フレキシブルレジン」27,800円(税抜)、「キャスタブルレジン」32,800円(税抜)
  • 出力ピッチ:0.025、0.05、0.1mm
  • コネクタ:USB 2.0(ホスト、デバイス)
  • 対応フォーマット:STL、XYZ Format
  • ソフトウェア:XYZware_Nobel
  • 対応OS:Windows 7以上、Mac OS X 10.8以上
  • 作業環境:温度 18-28℃、湿度:40-80% RH

「ノーベル1.0A」は、5月8日よりXYZプリンティングジャパンのストアサイト、家電量販店、販売代理店、またはAmazonなどのECサイトを通じて販売。

また、XYZプリンティングジャパンは、2017年5月17日(水)から19日(金)まで東京ビックサイトにて開催される教育分野における日本最大の専門展「教育ITソリューションEXPO」に出展、同社ブースにて「ノーベル1.0A」を展示する。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る