3Dプリンタの定額サービスがローンチ

ソフトバンクのプラットフォームサービス「+Style」から3Dプリンタ定額サービスローンチ

rakutsuku-3

ソフトバンクは、IoT(Internet of Things)製品などのスタートアップを考える企業と最新のIoT製品などを購入したいと考える消費者をつなぐプラットフォームサイト「+Style(プラススタイル)」にて、10月14日以降リリースされる新商品を発表。

rakutsuku-1

今回発表された新製品から、XYZプリンティングジャパン、アイジェット、スマメの3社は共同で、3Dプリンターと3Dデータをパッケージにした世界初の定額利用サービス「ラクツク」を「+Style」上でローンチした。

2017年2月上旬よりサービス提供される「RAKU.TSUKU(ラクツク)」は、月額/初回 8,820円(税込)、 2回目以降6,900 円(税込)で、XYZプリンティングジャパンのカスタマイズ3Dプリンター「ダヴィンチ1.0 Pro “ラクツク”エディション」と3Dデータを利用できる定額サービスです。

同定額サービスでは、3Dプリンター使用時のトラブルや各種相談を受けるサポートの他、3Dプリンター関連ニュース配信や、「ダヴィンチ1.0 Pro “ラクツク”エディション」で出力できる3Dデータの定期配信される。

rakutsuku-2
ダヴィンチ1.0 Proで造形されたランプシェード

業務提携、サービス開発の背景

3Dプリンター市場では、中小企業や製造業での3Dプリンター利用が市場を牽引している一方で、一般消費者からは「高価な3Dプリンターの購入に躊躇してしまう」、「購入後に本当に使いこなせるか不安」、「データ作成の方法がわからない」などの声が挙げられ、3Dプリンターの購入意欲はあるものの、購入後の不安があるために購入に踏み切れない方々が潜在的に多いことが判明しました。

このような市場からの声に対し最適な回答を提案するため、XYZプリンティングジャパン、アイジェット、スマメの3社は「ラクツク」という包括的なプログラムのアイデアを具現化してきました。「Tech it easy, Make it fun.」を基本コンセプトに掲げる「ラクツク」は、すぐに使用可能な3Dプリンターの提供に加え、購入後のサポート、すぐに作品作りに取り組める3Dデータコンテンツ、3Dプリンターに関するニュースやハウツー情報の定期的な配信、情報共有を促進するコミュニティサービスなどを提供します。

その一方「ラクツク」は、複雑になりがちなそれらの使用料金を定額とし、お客様が安心して3Dプリンターを始めやすく、楽しみやすくなる様にしました。

「ラクツク」オリジナルモデルとなる「ダヴィンチ 1.0 Pro “ラクツク”エディション」は、XYZプリンティング史上、最高の使いやすさと品質を誇る3Dプリンター「ダヴィンチ 1.0 Pro」をベースにカスタマイズを施したモデルで、インテリアとしても使用できる、シックなデザインを採用しています。

(引用元:XYZプリンティングジャパン)


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る