200万円超の3Dプリント電動マウンテンバイク

メタル3Dプリント技術で製作される200万円超の高級3Dプリント電動マウンテンバイク

スロバキアのデザイン会社Kinazo Designは、フォルクスワーゲン・スロバキアのサポートを受け、テーラーメイド対応可能な高級3Dプリント製電動マウンテンバイクを開発した。

Kinazo Designが、フォルクスワーゲン・スロバキアと協力し開発した3Dプリント製マウンテンバイクは、フレームのメインパーツを金属3Dプリント技術で製作されるため、各ライダーの身体的特徴やライディングスタイルに合わせたカスタマイズに対応したテーラーメイド製品となっている。

Concept LaserのX Line 2000Rで3Dプリントされるメインフレームは、3Dプリント技術のメリットを活かし、溶接を必要とせず組立てることが可能なアルミ製で、モーターやバッテリーパックをフレーム内に納められるよう設計されている。

各部品を含め、本体重量20kgの3Dプリント電動マウンテンバイクは、eDriveシステムにより最高速度25km/h(オプションで最高時速45km/hを出せる高出力モーターも搭載可能)で、モバイルアプリによって電子機器の制御が可能な仕様となる。

3Dプリント技術により、柔軟なカスタマイズに対応した電動マウンテンバイクは、本体価格20,000ユーロと高級ながら、年100台の販売目標を掲げている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る