低価格真空成型機「Vaquform」ローンチ

低価格で操作性に優れたデスクトップ真空成形機『Vaquform』Kickstarterからローンチ

米国・カリフォルニア州のスタートアップ Vaquform, Inc. は、手頃な価格で購入できる真空成型機『Vaquform』をクラウドファンディングKickstarterからローンチした。

フィリピン大学の講師で工業デザイナーのジョン・タン氏(Vaquform,Inc. CEO)は、誰でも簡単に操作できる工業グレードの真空成形機「Vaquform」を開発。2016年9月、完全に機能するプロトタイプの完成と共に製品設計を完了したVaquformは、2017年2月にKickstarterからローンチし、早々に目標額$60,000をクリア。2017年3月4日現在までに約$200,000の資金を集めている。

Vaquformは、軽量で小型のデスクトップタイプ筐体ながら、高風量と高真空性を兼ね備えた画期的なスピードとパワーのハイブリッド真空ユニットを備えており、約60~70秒の短時間でプラスチックシートを成形することができる。

Vaquform本体には材料毎に適切なプロファイルが用意されており、LCDメニューから素材を選択してSTARTボタンを押すだけで、簡単に真空成型パッケージを生成することが可能で、成形された型は製品パッケージや食用モールドなど幅広い用途に活用できる。

Vaquform 技術仕様

  • 本体サイズ:340×477×425mm(L×W×H)
  • シートサイズ:320×240mm/シート最大厚さ2mm
  • 成形領域:220×300×160mm(L×W×H)
  • ヒートパワー:1200w
  • 最大吸引力:Stage1(高風量/低真空) 20kPa、Stage2(低風量/高真空) 85kPa
  • 出荷時期:2017年第4四半期予定
    アーリーバード価格は$539(既に終了)、通常パッケージは$599から支援することができる。日本から支援する場合は、送料として別途$60が加算される。

 

製品版「Vaquform」技術仕様

  • 純正シート素材:ABS、HIPS、PETG
  • シートサイズ:330 mm x 250 mm
  • 最大シート厚:3.0 mm
  • 最小シート厚:0.2mm
  • 成形エリア:280 x 200 mm
  • 最大引き込み深さ(最大伸長高さ):200 mm
  • 本体サイズ:幅 400 x 高さ 405 x 奥行 335 mm
  • 本体重量:9 kg
  • 標準入力電圧:100 V-240 V
  • 標準周波数:50,60 Hz
  • 標準ワット数1.32 kW
  • 騒音レベル65 dB
  • ヒーター温度:280°Cまで

※ 製品版「Vaquform」の購入については、弊社コンタクトフォームよりお問合せください。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る