StratasysはFortus次世代機と新材料をリリース

StratasysはFortusの次世代型機種とFDMおよびPolyJet用の新しい高機能造形材料をリリース

アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションのリーダーStratasys(以下 ストラタシス)は、機能プロトタイプ作製から生産パーツおよび治工具の作製を含むDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)用途に最適なFDM方式のハイエンド3Dプリンタ「Fortus 900mc」の次世代型機種と、3つの新しいマテリアルを発表した。

新たにリリースされた2種類のFDM用材料は、より強靭で耐久性の高い「FDM Nylon 6」と、幅広いアプリケーションにおいて金属パーツと置き換えるのに十分な強度を持つ炭素繊維充填型熱可塑性プラスチック「FDM Nylon 12CF」。そしてもうひとつはPolyJet用材料で、試作用途において裂けたり変形したりせずに複数回の屈曲に耐えることができる高い耐久性、柔軟性を備えた新たなゴムライクシリーズ「Agilus30(アジラス30)」の3種類を新たにラインアップ。

次世代型Fortusシリーズ

大型3DプリンタFortus 900mcの次世代型機種は、新発売のFDM Nylon 6などのエンジニアリンググレード熱可塑性プラスチックにも対応した改良モデルとなる。

内部カメラとGrabCAD Printソフトウェアにも対応することにより、効率的なワークフローとジョブモニタリングの容易化を実現。標準的な品質保証が提供されるため、生産現場での3Dプリンタの最適化に要する労力と時間を削減することができる。
旧Fortus 900mcモデルの卓越した基本機能はそのままに、改良版となる本機種では、さらに豊富な高機能を搭載することでユーザーエクスペリエンス全体を改善している。

FDM Nylon 6

FDM Nylon 6は、Fortus 900mc次世代型機種に対応したエンジニアリンググレードのマテリアル。Nylon6を使用することで、高い衝撃強度を持つ機能的プロトタイプ、製造工具、製品パーツの製作が可能になる。

FDM Nylon 12CF

ストラタシスのFDMのなかで最も高い剛性対重量比をもつFDM Nylon 12CFは、ストラタシスのFDMテクノロジーで利用でき、幅広い種類の金属アプリケーションと置き換えることができる初の高性能コンポジット材料で、ラピッドプロトタイピング、強力で軽量なツーリング、およびエンドユースパーツに最適な材料となっている。

FDM Nylon 12CFは、チョップドファイバーの炭素繊維を35%含有し、ストラタシスのFDM熱可塑性プラスチックのなかで最高の剛性対重量比を提供。自動車、航空宇宙、スポーツ用品、および産業用製造分野における機能性テストの要件を満たす高性能材料。

Agilus30

Agilus30およびAgilus30 Blackで構成されたAgilus30ファミリーは、柔軟性と引裂抵抗を改善したゴムライクの造形材料。
このマテリアルは、柔軟性の高いパーツやプロトタイプをより自由に取り扱い、試験することができ、優れた精度と細かいディテール、強化された製品リアリズムを提供する。

Agilus30ファミリーのオールラウンドのゴムライク性能と可溶性サポート材(SUP706)との互換性は、機械エンジニア、ラピッドプロトタイピング管理者、工業デザイナーにとって興味深いものになると期待されている。

Agilus30に最適なアプリケーションは、オーバーモールド、柔らかい感触のリビングヒンジ、ホース、シーリング、ガスケット、ノブ、取手、引き手、およびハンドルなど。
またAgilus30は、異なるマテリアルを組み合わせてデジタルマテリアルを作成することにより、幅広いショアA値、カラー、グラデーションが利用できる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る