マクラーレンF1はStratasysとパートナー契約を締結

マクラーレンF1チームはStratasysとのパートナーシップにより生産性を向上させる

英国の名門F1チーム「McLaren-Honda Formula 1 Team」は、世界最大手の3Dプリンタ企業Stratasys社と4年間のパートナー契約を締​​結しました。


Image source mclaren.com

マクラーレン・レーシングは、Stratasysとのパートナーシップ締結により、アディティブマニュファクチャリングソリューションを提供することを発表。チームは、英国にあるマクラーレン・テクノロジーセンターに複数のStratasys製3Dプリンターを導入します。


Image source mclaren.com

他の製造技術同様、モータースポーツ分野ではラピッドプロトタイピング目的で3Dプリンタを使用していますが、マクラーレンはStratasysの3Dプリント技術を使用し、意匠および機能的なプロトタイピングだけでなく、複合的な工具類やカスタマイズ部品などを生産し、設計と製造業務の期間を大幅に短縮し、生産性の向上を目的としています。

このような環境を構築するためStratasysは、最新のFDM方式3DプリンタとPolyjet方式3Dプリンタをチームに提供し、マクラーレンの3Dプリントソリューション公式サプライヤと位置付けられます。

Stratasysは、チームのニーズに基づいて3Dプリンタを最適化することで、市場投入機器へのフィードバックを得ることができるようになります。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る