石のような質感のフィラメント「StoneFil」登場

FormFuturaは石材や陶器のような質感表現に適した石粉末混合PLAフィラメント「StoneFil」をリリース

3Dプリンタ用フィラメント専門ショップ「3DFS」でも多数ラインアップするオランダのフィラメントメーカー「FormFutura」は、粉末石(パウダーストーン)混合の新型フィラメント『StoneFil』をリリースした。
※ 同製品は3DFSにて購入可能! 詳しくはこちら

StoneFilは、粉末にした石材を50%程度PLAに混合した特殊材料で「石材」や「陶器」のような質感表現に適しており、通常のPLAフィラメントよりも37%高密度(高強度)な造形結果を得ることができる。

StoneFilには、コンクリート、花崗岩、陶器粘土、テラコッタがラインアップされており、陶器プランターや花瓶のような装飾品の造形にも適している。また、自然素材を含有しているため、プリント環境次第でグラデーション掛かった仕上がりになる場合があり、より自然な「石」の風合いを楽しむことができる。

StoneFil スペック

  • エクストルーダー温度:200~240℃
  • ヒートベッド温度:0~60℃
  • その他:通常PLA同様のプリント設定
  • 材料:50%石粉混合
  • 直径公差:±0.10mm

※ 同製品は3DFSにて購入可能! 詳しくはこちら

Pottery Clay

Granite


Concrete

Terracotta


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る