LeapfrogはエンジニアPLAフィラメントを販売

Leapfrog 3D Printersは高強度なエンジニアリンググレードPLAフィラメントをリリース

オランダのアディティブ・マニファクチャリング企業「Leapfrog 3D Printers」は、エンジニアグレードのフィラメント「Engineering PLA」の販売を開始した。

Leapfrogの新しい3Dプリント用材料は、ABSの代わりとして多目的に利用できる強度と耐久性を持ちながら、PLAと同じプリント設定値で利用することができる。

同社によると、Engineering PLAのエクストルーダー温度は「205℃〜215℃」を標準としているが、設定温度を「220℃〜230℃」に上げることで、プリント時間を30%短縮できるとしており、この温度に対応した3Dプリンタを利用することでそのメリットを活かすことができる。
また同材料は強力なレイヤー接着性能を有しているため、プリント時の反りを軽減できる。

Leapfrog Engineering PLAスペック

  • エクストルーダー温度:205~215℃
  • ヒートベッド温度:45℃
  • フィラメント直径:1.75mm
  • スプール重量:750g
  • カラー:白、黒、銀

フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る