スマホで操作する改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」

CerevoからIoT時代の電子工作とプログラムの基礎が学べる改造ミニ四駆製作キット登場

cerevo-MKZ4-1

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、スマートフォンで操作する改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」を6月30日に発売。Cerevoの直販サイトからは、組み立て時に便利な書き込みキットやツールセットも同日発売し、それぞれ7月中旬から順次出荷予定。

改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」

改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」(5,980円/税別)は、無線LANモジュール「ESP-WROOM-02」、ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツ、基板実装に必要な各パーツが一セットになった改造ミニ四駆製作キットです。

cerevo-MKZ4-2
株式会社タミヤ製のワイルドミニ四駆を本キットを用いて改造することで、スマートフォンからワイルドミニ四駆を操縦できます。操縦はブラウザ経由で行なうため、専用アプリをインストールすることなく、ブラウザを搭載したスマートフォンやタブレットで利用(前進、後進、左右ステアリング)可能。

MKZ4用 プログラム書き込みキット「MKZ4WK」

MKZ4用 プログラム書き込みキット「MKZ4WK」(1,980円/税別)は、改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」に含まれる無線LANモジュールへ、ミニ四駆をブラウザから操作できるプログラムを書き込むためのキットです。
※本製品に改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」は含まれません。

cerevo-mkz4ws

MKZ4用 電子工作向けツールセット「MKZ4TS」

MKZ4用 電子工作向けツールセット「MKZ4TS」(9,980円/税別)は、改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」の組み立てに最適な工具がすべて入ったツールセットです。基板へ各パーツを実装するのに必要なはんだゴテ、台、はんだ、はんだ吸い取り器、テスターや、ステアリングを組み立てるのに必要なニッパ、ドライバ、ピンバイス、ドリル、ピンセット、マスキングテープが含まれます。

cerevo-mkz4ts

【MKZ4 対応ワイルドミニ四駆車種】

Engadget Japaneseさんより


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る