3Dプリンタのコンテスト『FAB3Dコンテスト』開催中

3Dプリンタの活用法と人材発掘のためのコンテスト『FAB3Dコンテスト2016』

fab-3d-contest-2016

慶應義塾大学ファブ地球社会コンソーシアムによる「FAB3Dコンテスト2016」は、新しい広がりを持った3Dプリンタの利活用法と、それを担う人材を発掘するためのコンテストです。
小中学生から家族、オモシロ、プロ・アマまで、下記の4つのカテゴリ—にて作品を募集している。
※応募期限は2016年10月31日まで

募集カテゴリー

カテゴリー1.小学生・中学生の部 「3D プリンターで自由研究」
カテゴリー2.家族の部 「家族が喜ぶ 3D プリンタ活用法」
カテゴリー3.フリースタイルの部 「3D プリンターで○○をやってみた!!!」
カテゴリー4.プロ/セミプロの部 「3D プリントエッグパッケージ」

応募に関する共通条件

(1) 応募作品は、「3D プリンタのみ」で制作したものに限らせていただきます。ただし 3D プリンタの機種やメーカー、方式、材料は基本的に問いません。詳細については各カテゴリ ーによって若干の指定がありますので、カテゴリー紹介のページをご参照ください。

(2) 作品の著作権は応募者に帰属します。また、すでに発表された作品等でも構いませんが、 過去に受賞歴のある作品は応募不可とします。制作費用は全てご自身でご負担ください。

(3) カテゴリー1を除き、応募作品の提出には、慶應義塾大学で運用している制作日誌共有 システム Fabbleを用い、作品のみならず、そのつくりかた、3D データ、 写真、映像等の「レシピ」を公開していただきます。Fabble の使用方法については、こちらをごらんください。

最優秀賞(すべてのカテゴリを総合して全体で最もすぐれた作品)
1点 10 万円分の賞金+副賞

優秀賞(各カテゴリーにおける最もすぐれた作品)
1点ずつ 5万円分の賞金+副賞

佳作(2次審査に残った作品、各カテゴリー数点ずつ)
1万円分の賞金+副賞

※その他の応募ルール詳細は公式サイト http://www.fab3d.org よりご確認ください。

豪華副賞

また、同イベントでは協賛する3Dプリンタ関連企業各社より豪華な副賞が提供されます。
id.artsからも、フィラメント数点をご提供させていただきました。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る