プロトタイピングを支援するファンド組成誕生

ABBALabはプロトタイピングを支援するファンドを組成し投資を開始

株式会社ABBALab(東京都港区、代表取締役:小笠原治)は、IoTのハードウェアとサービスを開発するスタートアップ、主にプロトタイピングフェイズに対して投資を行う「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:株式会社ABBALab)」を組成し、投資活動を開始。

本ファンドの出資者は、Mistletoe株式会社、 Hon Hai venture capital fund “2020”、双日株式会社、さくらインターネット株式会社、その他個人投資家で構成。

目的とターゲット.key

ABBALabは、これまでにもハードウェア・スタートアップのプロトタイピングフェイズへの投資を行ってきましたが、本ファンドでは、ABBALabでの投資育成活動をハードウェアに限定せず、IoT/IoE領域のプロダクトやサービスのプロトタイプ・フェイズから投資を行うことで、本領域でのスタートアップ土壌を耕し、IoT/IoEスタートアップの発掘と播種を実施。

また、投資先にはシェアファクトリーを中心とした試作・製造拠点を育成の場としたアクセラレーションと共に、成長に合わせたフォローオン投資へ積極的に取り組むことで、迅速なプロダクト量産体制の構築やサービスの市場投入を促す。
今後は、出資者である事業会社・投資家とともに、IoT/IoEを活用した次世代産業を担うスタートアップの発掘・播種・育成を目指し、世界で勝ち抜ける企業群を輩出するとしている。

これまでのABBALabの投資先一覧

  • 株式会社ノーニューフォークスタジオ
  • イクシー株式会社
  • 株式会社ウィンクル
  • サイマックス株式会社
  • 株式会社FOVE
  • 株式会社アップパフォーマ
  • 株式会社イヌパシー
  • 株式会社SenSprout
  • 株式会社tsumug

投資フェイズと投資金額

abbalab_ioe-fund-2

本ファンドへのお問い合わせ

ファンドに関するお問合せ先
株式会社ABBALab / ファンド担当:縣
info@abbalab.com


関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る