3Dプリント製「ブラック・パンサー」マスク

PEPSIは3Dプリンタを利用しMarvel映画「ブラック・パンサー」のマスクを製造した

PEPSI(ペプシ・コーラ)は、Marvel(マーベル)のスーパーヒーロー映画『Black Panther(ブラック・パンサー)』のマーケティングキャンペーンとして、3DプリントサービスプロバイダProtolabsと協力し、3Dプリント製ブラック・パンサーマスクのスぺシャルエディションキットを制作した。

PEPSIは、Marvelの大ヒット映画「ブラックパンサー」プレミアのため、Protolabsと協力し、同作に登場する5つのキャラクターデザインを採用したペプシコーラ缶と、3Dプリント製のブラック・パンサーデザインのマスクをセットにした、限定版のコレクターアイテムを開発。

開発チームは当初、短期間に250個の複雑な形状のマスクを開発するため金型成形を予定していたが、金型の利用が高価すぎると判断し、3Dプリンタによる最終製品の製造を選択。

3Dプリンタによる製造を検証するため、マスクの初期プロトタイプにFDM方式プリンタを利用していたが、その後3DプリントサービスプロバイダProtolabsと共に、SLS、SLA、PolyJet、Carbon、Multi Jet Fusionなど、複数の3Dプリント方式によるテストを行った。

SLA方式やPolyJet方式は高精度な造形に適しているが、アクリル素材は強度面に不安があり長期保存にも不向きなため、振動・圧縮・落下試験などをクリアし、より長期間の保存に優れ、高い解像度と高品質な表面仕上げが可能なHPのMulti Jet Fusionを選択。約6ヶ月の期間で、最終製品を製造した。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る