木質フィラメントでベビー・グルートを造形

マーベルの人気キャラクター「ベビー・グルート」を木質系フィラメントで造形

現在公開中の映画『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー 2(Guardians of the Galaxy 2)』
大ヒットした前作の続編に当たる今作に登場するマーベル・コミックの人気キャラクター、樹木型ヒューマノイド「ベビー・グルート」を、3DFSにて販売中の木質系フィラメント「CorkFill(コルクフィル)」を使い、造形してみた。

今回の検証用3Dプリント環境は以下の通り

  • フィラメント:CorkFill(コルクフィル)
  • 材料の特徴:PLAにリサイクルコルク原料を配合したダークブラン色の木質系混合フィラメント
  • 造形データ:http://www.thingiverse.com/thing:2014307
  • 3Dプリンタ:MOMENT S
    ※ 社外フィラメントの使用はサポート対象外
  • エクストルーダー設定温度:220℃
  • ヒートベッド:55℃
    ※ ヒートベッドには、定着性向上のため『3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB』を使用

若干調整が必要な部分もあるが、CorkFill(コルクフィル)をはじめとした殆どの木質系フィラメントは、PLAに準じたデフォルト設定でキレイに造形することができる。

PLAとリサイクルコルクを混合したCorkFill

前作で仲間を守るために自らを犠牲にしたグルートは、小枝の挿し木からロケットの世話により蘇り「ベビー・グルート」として今作でも大活躍!


フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る