カブクとパルコが3Dクリエイター支援事業をスタート

カブクとパルコが協業し店舗連動型クラウドファンディングでクリエイター支援

booster-parco-rinkak-3

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)と、株式会社パルコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:牧山 浩三、以下パルコ)は、オープンイノベーション型マーケティングインフラとなる唯一の3Dプリントサービス「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)https://www.rinkak.com/jp/」で流通する作品や、登録するクリエイターを、パルコが運営するクラウドファウンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」及びパルコが運営するリアル店舗と連携して、定期的に既存プロダクトや新規プロダクトを展開。

今後Rinkakでは、Rinkakの抱えるアジア最大級のクリエイターと作品群を、自社のオンラインマーケットだけでなく、パルコの媒体と店舗との連携により、プロダクトの創出や販売機会の提供を行い、よりよいクリエイターのものづくり環境を提供する。

booster-parco-rinkak-1

Rinkakクリエイターが店舗連動型クラウドファウンディングを行う3つのメリット

(1) 初期投資・在庫リスクなく始められる
3Dプリント製造は1品ずつの完全受注生産のため、初期投資や在庫リスクなしにプロジェクトをはじめることができます。また、投資してくれる方それぞれに対するカスタマイズも可能になり、提供できる商品の幅が広がります。

(2) クリエイターのイメージを損なうことなく製品化へ
Rinkakが工場製造(※1)に関わるサポートに入ることで、専門知識を問わず、クリエイターの商品イメージを損なうことなく製品のアウトプットが実現します。また、プロジェクトが成立した商品はRinkakでの販売を通じて継続的なクリエイターの支援を行います。

(3) PARCOリソースを活用した宣伝やメディアPR
RinkakとパルコBoosterは、プロジェクト達成後のサポートも行います。PARCOの媒体や店舗販売などの連携を視野に入れた活動、クリエイターの作品アピールの機会は圧倒的に増加します。
クラウドファンディングBOOSTERで資金調達に成功し、諸条件が合致したプロジェクトにつきましては、パルコが運営するセレクトショップ「ミツカルストア」で販売する機会を提供します。

第一弾クリエイターはUTBさんに決定!ファッションアイテムと3Dデータを提供
「Rinkak × BOOSTER」第一弾クリエイターは、デザイナーとして活躍するUTBさんが担当。プラスチック素材でも柔らかく変形できるようになる「オーセチックパターン」を使い、未来のスタンダードなモノづくりを日常におとしこむファッション・プロダクツブランド「Free-D」のスタートアッププロジェクトを開始。 “硬いけど柔らかい”不思議なバングルやネックレス、 ”構造の美しさを生かした”指輪、イヤリングなどの女性向けアクセサリー、ユニセックスなアクセサリーとしてボウタイ、iPhoneケース の各アイテムを3Dプリントで制作。

booster-parco-rinkak-2

応援ページはこちら http://www.booster-parco.com/project/62


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る