Games of Thrones登場の等身大ドラゴンを3Dプリント

人気海外ドラマ「Games of Thrones」登場の等身大ドラゴンを3Dプリンタで制作

映画やコミックのキャラクターなど、等身大の大型3Dプリントオブジェクトの制作を専門とするグループ「3D MAKER THINGS/MAKE BIG THINGS… WITH A 3D PRINTER !」は、ファンタジー小説原作のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones 以下 GOT)に登場する3匹のドラゴンのひとつ「Drogon」の等身大レプリカを完成させた。

MeshmixerとZbrushを使用して作製された若い「Drogon」の等身大3Dモデルは、高さ120cm、翼幅320cm、全長250cmで、総重量35Kgを超える大物で、安価なFFF方式3Dプリンタを使用して制作された。
この制作には、RAISE3D N2 PLUS(造形エリア 32x32x60cm)、CR10-S5(造形エリア 50x50x50cm)、Prusa i3(造形エリア 20x30x20cm)、Alfawise U20(造形エリア 30x30x40cm)の計4台の3Dプリンタと38本のPLAフィラメントが使用され、合計2000時間掛けて分割された全てのパーツをプリントした。

プリントを終えた大型の各パーツはそれぞれ接着、仕上げ加工された後、会場で最終的な組立てを経て展示された。

 


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る